ぞっきん暮らし

毎日さびってます

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

キャットのためのドア  

わたしは、まだ可憐な少女時代からず~っと猫と暮らしてきたのだ。

いつか家を建てることがあったら、猫が快適で楽しい家を建てたいな~

と、長年もんもんと妄想。



もちろん、嫁入り道具に猫も入ってたし。

ペットを飼ったことがなく、若干潔癖気味なおっとにとって、

猫との暮らしは色々衝撃的だったようだけどね。



そんなおっとも、猫たちと楽しく暮らすようになり、

そろそろ家も建てたいなーとなり。

家を建てたのだが。



打ち合わせを煮詰めるごとに、おっとと意見が合わず、予算も足りず、

わたしの長年の妄想は消え去ってしまったわさ。

ああ、ぞっきんとはなちゃんの家が~



結局、猫トイレの置き場を作ったのと、壁紙を丈夫なのにしたくらい。

キャットドアも付けれなかったよ。



「機密性が高いし、空調で家中の空気が循環してるし、エアコンをつければ

 家中暖かく涼しいですよ~。

 ドア開けっぱなしでもOKだから、キャットドアなしでいいんじゃないですか?」

とかなんとか言うからさー、付けなかったけど。



ドア開けっぱなしは、やっぱり寒いんですけどー。



うそつき!うそつき!うそつき!



こうなったら自分でキャットドアつけてやるっ!

と鼻息フンフンさせてるのだが、潔癖気味で保守的なおっとが、

ドアを切るのを嫌がる。



なので、ドアを切らないキャットのためのドアをあみだしたのだ。

ちょっと貧乏臭いので、なにかを期待している人は閲覧注意です。



じゃーん。

ぞっきんドア1

おもりは、おっとがクマ避けに買った鈴とお猿さんを使用。

ぞっきんが開けたドアは、鈴とお猿の重みでジワーっと閉まるのだ。



ではさっそく、モデルさんに実演していただきましょう。

お願いしま…

ぞっきんドア2

失礼、どうやら休憩時間のようですね。

で、ではモデルなしで。

じゃーん。

ぞっきんドア3

お猿さんグッジョブ。

このドア、勢いよくバーンと開けると、お猿がぶっ飛ぶのだ。

許しておくれ。


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 6

コメント

すっご~い!
ドクター中松も顔負けの大発明やないっすか!

クマ除けの鈴って。。。クマ出るの?

URL | ねこっこ #-
2013/08/05 23:55 | edit

すごいすごい~
閉まりますね~
わが家も、約1にゃんがリビングドアを開けるので…使えるかもです

でも憧れますね~
キャットハウス・・・壁に上まで上がれるステップ
天井近くを歩ける、キャットウォーク
ニャンコのトイレ場所確保

宝くじ当たって実現しますよ~に

URL | pupusann #-
2013/08/06 12:16 | edit

これはもはやキャットドアという名の
自動ドアではないか~!!

またしてもの、素晴らしいアイデアに
脱帽

ちなみにウチが切り取ったドアは
引き戸なの

URL | ねこばやし #-
2013/08/06 17:16 | edit

ねこっこさん

クマいるみたいです。
出会ったとないけど。(^_^;)
年に1~2回は目撃情報が流れるんで。
山に登るときはリュックに鈴をつけてきます。
わたしは、山登りなんてしませんけどね。^m^

URL | ちょびっと #-
2013/08/06 20:44 | edit

pupusannさん

やっぱりキャットハウスは猫飼いさんの夢ですよね~
猫の数が多いとなおのこと。
三次元で猫さんが動き回ってくれるなんて、想像するだけでたまりません。
あふぅ。

pupusannさんの宝くじが、いつか当たりますように!
パンパン。

URL | ちょびっと #-
2013/08/06 20:49 | edit

ねこばやしさん

貧乏臭いアイデアは得意分野なので、これからも精進いたします。
(^_^)v

引き戸だったのね。
本当はわたしも早くドア切り取りたいっ。
壁に釘打ち付けて、キャットウォーク作りたいっ。

URL | ちょびっと #-
2013/08/06 20:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chobittonya.blog.fc2.com/tb.php/107-c38447c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。